teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お詫び

 投稿者:ののはな  投稿日:2009年 2月 1日(日)01時00分18秒
返信・引用
  昔の野の花舎をもう一度と思えど
なかなか時間がとれず
閉鎖状態で申し訳ありません。
プライベートな掲示板にしてもらって結構ですので
伝言のある方はお書きください。
時々は覗いております!
 
 

ゆったりと~...

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 6月30日(土)16時31分24秒
返信・引用
  白いバラさん!はじめまして!野の花舎に訪問ありがとうございます!
いろいろあって殆ど更新できません。お許しを!
元気出して頑張っているとのこと、うれしいですが、ムリせずありのままに
生きていける方がいいですよ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

疲れていても前へ進む

 投稿者:白いバラ  投稿日:2007年 6月24日(日)23時06分43秒
返信・引用
  元気出して頑張っています。  

つらい現実は見なくても

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 5月27日(日)00時38分1秒
返信・引用
  bannriさん!お久しぶり!
育児中でお忙しいことと思います。
赤ちゃんを人の子にするのは一大事業ですね。
ご苦労様です。すくすく育っているとのことうれしいですね。
昨年は急いで送りましたが、確かに胎教にはよくなかったかも知れませんが
産まれてくる子どもにそんな悲しい目に遭わせないように、大人は頑張りましょう。
憲法を変える必然ってどこにもないのですもの。
むしろ守って、世界の平和に貢献できる国になってもらいたい。
武力はさらに武力しか生みませんもの。
あの本にはつらい現実が書かれています。2度とそうならないようにと願うばかりです。
無理に読まなくてもいいのですよ。わたしだってつらいのですもの。
書いている人たちもぼろぼろになりながら書いている。だから日常は子どもみたいにかわいいこと楽しいことを見つけて生きていますよ。著者2人とも長いおつきあいの人たちです。

それより、産休中にあそびに来てください。
休みの日も出歩いていること多いので、電話してからね。
では子育て楽しんでね。岳も苦労して子育て中です。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

お元気ですか?

 投稿者:banri  投稿日:2007年 5月21日(月)23時44分30秒
返信・引用
  昨年の夏には本を送っていただき、ありがとうございました。
慣れない育児にかまけているうちに、あっという間に冬が過ぎて春が来て
夏がそこまで来てしまっていました。
頂いた本は、正直お腹の赤ちゃんにあまり良くなさそうで
読めていません。赤ちゃんは無事に生まれ、元気にすくすく
育っています(今、八ヶ月です)。
子どもが生まれて、環境のことや教育のことや、
そんなことを色々と考えるようになっています。
まだまだ勉強しないとなぁと思いつつ、頂いた本を
読もうか読むまいかと迷っているところです。
やっぱり、内容、重いですね。

また遊びに来ます、
どうぞお元気で。
 

民の暮らしを原点に

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 4月29日(日)22時48分40秒
返信・引用
  ゆたかにみのるさん、HPにも来ていただけて感謝です。
いろんな事情があって、今はほとんど更新ができません。
今日のNHKでの60年前どのようにして現行の「憲法」が作られたのか。
多くの人の知恵の結集だったことを知り、この憲法を守ることが
あの戦争や戦前の苦労をした人たちへの償いだということがわかりました。
憲法実現にほど遠くなる現実に諦めかけていた自分の愚かさも分かりました。

だから、戦後の教師は賢治のように素朴に民の暮らしを大切にする教育をめざしたのですね。頑張ろうと思います。励ましありがとうございます。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

しつれいします

 投稿者:ゆたかにみのる  投稿日:2007年 4月27日(金)01時05分10秒
返信・引用
  ほんと賢治の詩が冒頭にありますね。とても素敵なホームページですね。少し、緊張してます。ののはなさんは魅力ある先生ですね。ココを読み再認識しました。今後も賢治の詩のような教育をめざしてください。時々のぞいてみます。紹介ありがとうございました。  

少し時差惚けから抜けましたか

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 2月28日(水)21時38分9秒
返信・引用
  Japboyさん
相変わらずそそっかしいののはなです。
必要十分条件でものが言える日っていつ来るのかしらね。
努力しなければだめなんでしょうね。
そんなののはなに気楽にコメントって言われて、とても喜んでいます。

ところで、ぼーっとすることの意義もあるのですって
病気をしてから、体の声を聴くようにしているのですが
わたしは時々ぼーっと夜の時間を過ごしています
何をするでもなく、でもそうしないと自分が取り戻せないのだとこの頃思っています。
そうすると、ミスのんTもミズのんTにならずにすむのです。

Japboyさんもちょっと遠回りをしたけれど・・って日が来ますよ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

コメントありがとうございます。

 投稿者:Japboy  投稿日:2007年 2月 6日(火)14時39分54秒
返信・引用
  こんにちは。
今、webサイトの再構築を考えていて、記事を整理していて、先生からのコメントを発見しました。ずいぶん古い記事までさかのぼってコメントしていただいたみたいで、なんか恐縮です。そして恥ずかしいです(^^;

先月のインド旅行でなんか疲れてしまい、最近は家でぼーっとしている毎日ですが、バイトとか就活とか色々やらなきゃいけないので、気が重いです(^^;

また、気軽にコメントもらえると嬉しいです。それでは。

http://n00b.homedns.org/

 

やっぱりこれが一番うれしい、ありがとう

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 1月19日(金)23時29分15秒
返信・引用
   たしかに、YU君では笑っちゃいますね。ハンドルネームをJapboyさんにさせていただきますね。インドから帰られたばかり早々に訪問していただけて光栄です。インドはどうでしたか。インドはどちらに行かれたのですか。藤原正彦さんが天才数学者ラマヌジャンの足跡を追って南インドを訪れた本を読んだときの、インドの喧噪が聞こえてきそうです。そんなインドに魅せられて何回もスケッチの旅に出かけていた人がいましたね。たしかにみんな日本人よりハッピーなイキイキした表情だったのでしょうね。Japboyさんはそれでも、日本に戻られて、我が家が一番って思いをもたれたかしら。NZの方がよかったのかな。確かに、日本は飛行機から見下ろすと、家家家・・・で本当にびっくりですね。
ま、あなたのHPでの発言も楽しみにしていましょうね。貴重な体験をなさってうらやましいな。若いうちにいろんなことをなさってね。
 この間、パソコン新しくしてばかりで、中身の保存が出来ないまま移行になって、いろんな方との交信が途絶えました。Japboyさんとつながってよかった。これからもよろしく。
 今、東京都の教育委員会がおかしくなっているのです。いや、都庁というべきかな。こんなつまらないHPなのに、うるさくいう管理職がいるのです。それと自由になれる時間がほとんどとれない身の上になりました。現職だからこそ感じること、言いたいことがあるのですが、退職でもしない限り物を考える暇も、言う暇もなしってところです。で、一部閉鎖しなければならなくなったのです。本当はわかりやすいHPが望ましいのに、あえてわかりにくくしています。あなたのようにもっとパソコンのことがわかっていればいいのですが、あいにくちっとも勉強しないのです。はぁ~おいてけぼりですね。blogはあるのですが、うまい使い方を知りません。良いところがあったら教えてください。昔の先生お願いします。
残り少ない学生時代を謳歌してくださいね。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

http://n00b.homedns.org/

 投稿者:Japboyメール  投稿日:2007年 1月19日(金)13時28分15秒
返信・引用
  ののはな様
先生、お元気ですか。卒業生のYU君です(笑
今更ですが手紙へのお返事読ませていただきました。NZは日本と同等の国土の中に東京の半分以下の人々が暮らす静かで穏やかな所でした。それだけに日本に戻ると息苦しく感じてしまいます。
ところで、喪中とは知らず年賀状失礼しました。
5日から2週間ほどインドに一人旅してきました。こちらは人がごった返すうるさいくらいの国でしたが、貧しさの中でもみんなハッピーな顔ををしていました。でも僕はやっぱり静かなところが好きです。
立場上webサイトの運営は難しいのかもしれませんが、それに負けずやりたい事をやって下さい。僕が中学生だった頃よりインターネットも規制が厳しくなって、もはや自由な環境と言うのはどんどん失われつつありますが・・・。
ところで、先生は記事を書くにあたってblogなんかは使う気はないのですか?webページを作ってアップロードするより、記事だけを書いて更新するblogの方が、情報発信に絞って言えば簡単ですし、記事単位で多くの人に参照されやすいので、多くの人に見てもらいたいのなら非常に有効だと思いますよ。

ではではこれからもますます頑張ってください。

http://n00b.homedns.org/

 

師そして人生の先輩でした

 投稿者:文庫本火星シリーズメール  投稿日:2007年 1月18日(木)18時39分55秒
返信・引用
  不思議な事ですが、在学中から個人として人格を認めて頂きました。
卒業してから時間を経て、夜を徹して色んな話をする機会がありました。
帰り際に「お前の欠点は早熟だった事だなぁ」と言われたことがありました。
それ以来、まるで朋友に接するように付き合ってくださり、人生の節目にいつも一緒に悩み、そして助言を頂きました。
本当に師とこのような関係までに行き着けることは、今後もありえないだろうと思われます。
もう少し時間があると思っていたので余計に残念に思えるのでしょうね。
ののはなさん元気出して下さいね。
 

すてきな師弟関係うらやましいです

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 1月18日(木)17時57分28秒
返信・引用
  文庫本火星シリーズさんのことを考えています。
なぜにそれほど落ち込んでいらっしゃるのだろうか。

>卒業以来ずっと懇意に
>それこそ師弟を超えたお付き合い

そうなんですね。そんなすばらしい出会いがあったのですね。
うらやましいですね。
この時代に、そんな深い人間関係がもてたってことは、
希有なことではありませんか。
しかも立場がちがい、年齢も違う世代の方と。
そこからあなたが得たものは計り知れないものなのでしょうね。

カメラを頂いたと言うことは、そこになんらかの意味があるのでしょうね。
そして、前回も疑問に思いましたが、

>師のご恩に報いる事が出来ず、忸怩たる思い
って何だろうってこと。

>人間一人で生きて行ける筈もありません
そうですよ。だれも一人では生きていませんよ。

わたしは若い頃、自立しなくちゃと
強迫観念のように思い詰めていた時期がありました。
でも、本当に深くつきあっていた卒業生の方から
ダメな自分をそれもこれも含めて受容してもらった日、目からうろこでした。

自立するって、なにも一人で立っていることではないのです。
みんなお互いに支え合って立っていればいいのだって。
相手が自分を必要とするから、自分に存在意義があるし、
そういう自分だって相手がいるから自分の姿が見える。

>師の一つひとつの思い出を胸に
そうですね。たくさんの会話があったのでしょうね。
なにかを決するときに、その人だったらどういうだろうって
想像して物を考えるって、いいことですね。

わたしは、今、ほんとうにひとりぽっちです。
職場には誰一人相談相手がいません。
つまんない話ですが、明日の道徳の授業をどう作るか、
と考えなければならないとき、誰にも話せません。

失ってしまった人間関係を嘆いていても仕方がないので
あの人だったらどういうかな、って一生懸命考えて、
大丈夫、自分できちんと出来るよ!って自分を励ましています。

あなたのどんなお役に立てるのか、わかりませんが、
こうした発言の出来る場があるというだけでも、いいのかもしれませんね。

LINKにある「静音の小径」でも覗いてみてください。
金沢の犀川のほとりにある散策道「静音の小径」から
名前を取ったらしいブログがあります。
記事にコメントが書き込めるのがおもしろいです。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

そうですね

 投稿者:文庫本火星シリーズメール  投稿日:2007年 1月15日(月)06時41分51秒
返信・引用
  お陰で少し元気が出そうです。
人間一人で生きて行ける筈もありませんので、師の一つひとつの思い出を胸に、前を向いて今ある事を感謝しつつ頑張りたいと思います。時々訪れたいと思いますのでよろしくお願いします。早速の激励を有難うございました。
 

ファインダーの向こう

 投稿者:ののはな  投稿日:2007年 1月14日(日)23時27分35秒
返信・引用
  ありがとうございます。
大切な人生の伴走者を一人亡くされ、どんなにか気落ちなさっているのでしょうね。

>師のご恩に報いる事が出来ず、忸怩たる思いが去来します。
そこまで思い詰められなくても・・・と思います。
遺品を頂いたということは、そこから一歩を!
カメラのファインダーから世の中を切り取ってみましょう。
きっと、今までと違う世界が見えるかも知れませんよ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

初めまして

 投稿者:文庫本火星シリーズメール  投稿日:2007年 1月14日(日)17時03分36秒
返信・引用
  初めて書き込みします。
随分昔の生徒です。
昨年5月に高校卒業当時の担任K師が亡くなりました。
卒業以来ずっと懇意に、そして、それこそ師弟を超えたお付き合いをさせて頂きました。
その師の人生に関する感想は「やはり生涯、自己教育の一語につきるなあ」でした。
亡くなる1ヶ月前に電話で自宅に呼ばれ、今となれば遺品となったカメラを頂きました。
師のご恩に報いる事が出来ず、忸怩たる思いが去来します。
順送りに実践教育の輪を次の世代へと繋ぎたいと涙を堪えました。
時々この掲示板を訪れ、真摯な教育への姿勢と意見交換に傾聴したいと思います。
 

語学留学の旅の空からありがとう!

 投稿者:ののはな  投稿日:2006年10月22日(日)23時08分4秒
返信・引用
  yu君
NEW ZEALANDからのお便り届きましたよ。
とってもうれしかった。ありがとう!
語学留学ですか。
日本でのせかせかした生活から数ヶ月でも解放されたとは。
本当に良かったですね。
その昔、秋休みがほしいと言っていたあなた。
今の中学生は本当にお気の毒に、8月24日から2学期です。
9月が長かったですよ。
みんないまだにすぐ風邪をひきます。
中学生受難時代。
なぜ、子ども時代を満喫させてあげないのでしょうね。

私たちの時代は競争が激しかったけれど、大学生になったら、
ほんとうにぽっかり空いた自由がありました。
むさぼるように本と漫画に読むふけったり、踊り明かしたり、デモでもいくか
と明日着る洋服を選んで寮中を走り回ったり、思い起こせば楽しい青春でした。

今の東京の大学生にはどんな息苦しい生活があるのでしょうか。
大学生にまで余暇がなくなったら、やっぱり...

まあとにかく、yu君の元気そうな姿を想像しています。
わたしの方は相変わらず、中学生と遊んでいます。
今週の土曜日は文化祭です。
「古典入門 竹取物語」が学年の出し物なので、毎日ミシンをかけて、
14人分の衣装を作っています。
狩衣とかいうものです。時代考証をしていたら、布が見つかりませんので、
まったくおかしなものですが、それらしく見えたら拍手。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

メール届きましたよ、でも...

 投稿者:ののはな  投稿日:2006年 8月31日(木)22時26分28秒
返信・引用
  高橋様
ハンドルネーム使ってくださいね。
メール3個届きましたよ。2度返信しましたが戻ってきました。
そちらの設定はどうなっていますか。
メールは出す前に、自分自身に送って確認してみましょう。
元気そうでなによりです。
あなたにどうしてもお薦めしたい本がありまして、今発送準備中です。
金額がはりますが、ファッシストの待望を望む病んだ国民がこう増えてきた今、
私たち教師の使命は、ひとりでも物を考え、冷静に現実をみて行動できる子ども達を育てることだと考えます。あなたの図書室に置いても良いし、なによりあなたに読んでもらいたいと思います。そんなゆとりもないとしたら、やはり教師が今置かれている状況は異常です。
来週から6時間授業です。日に1時間の空きのある日は滅多にないので、私自身も物を考えられないほどに追い込まれます。でも、負けません。お互いにね。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

異常気象は天のことだけじゃない

 投稿者:ののはな  投稿日:2006年 8月19日(土)19時39分4秒
返信・引用
  元学級委員さんは、スクラップをしているのですね。
わたしも長い間、新聞のスクラップをしていたのですが、ここ数年多忙の余り
気がついたら何日も新聞を積んだまま、いつしかスクラップも間遠になっています。
一つのテーマを決めて、毎日新聞に目を通してスクラップする習慣っていいですね。
ところで、そうですか、やはり、温暖化ですか。
雨だって昔はしとしとという表現で降っていたのに、このごろはスコールのように
突然ざあーですものね。南の国に移住したみたいです。

ところで昨日は上野水上音楽堂で、「戦争の放棄」というコンサートに行って来ました。
わたしの大好きな田中眞紀子さんの出番が今日にずれていて聴けなかったこと残念でしたが。永六輔さんのおもしろいトークあり、アフガニスタンの子どもたちの楽しいパフォーマンスあり、笑いが止まらないオオタスセリさんの唄ありで、暑さを忘れました。
でも、多数派にいないと不安という日本国民を乗せて、この日本列島はどこへいくのでしょうか。蝉時雨の中、忍ばずの池の蓮を見ながら、帰り道に思いました。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shizune/

 

(無題)

 投稿者:元学級委員メール  投稿日:2006年 8月16日(水)22時53分50秒
返信・引用
  夏休みの宿題でスクラップをしていた時「異常気象列島」
ということだが目に飛び込んできました。
日本は異常気象列島だそうです。
しかも原因は温暖化が有力だそうです。
 

レンタル掲示板
/4